ビートたけしの壮絶すぎる事故の真相!感動する名言も…

ビートたけし 事故 名言

 

世界の巨匠とも言われることがあるビートたけしさんですが、以前には生死をさまようほどの事故を経験されました。その事故があった関係で、人生観や生き方などが大きく変わることになったと言います。

 

そんなビートたけしさんが残した名言は未だ多くの人の心に残っています。その数々について調べることにしました。

 

 

ビートたけしの壮絶な事故の真相…

 

ビートたけし 事故 名言

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、ビートたけしさんは1度生死をさまようほどの事故を起こしています。それは1994年の8月2日の深夜のできごとです。「たけし軍団」と別れて、愛人の家に向う途中だったそうです。

 

軽くお酒を飲んでいたので飲酒運転ということになります。バイクを運転中カーブを曲がりきれずに電柱に激突しました。

 

その衝撃で意識は不明になり、、右側頭部頭蓋骨陥没骨折、脳挫傷、右頬骨複雑骨折で長期入院が必要になる重症をおいました。意識が回復後も、その事故前後の記憶がなくなってしまったのです。

 

スポンサーリンク

 

千原ジュニア → 悲惨な事故からの復帰エピソード

 

意識が回復してからも左半分の顔の筋肉を動かすことができずにいました。しかし懸命のリハビリをした関係である程度までは回復することができたのです。しかし、現在もその後遺症は残る結果になったのです。

 

ビートたけし 事故 名言

 

ビートたけしさんは、この事故で人生観が一変しました。今までは死ぬことが怖くてたまらなかったのに、この事故を経験してからは生きることに興味が無くなったそうです。何があっても人生は人生と諦めがついたそうですね。

 

 

ビートたけしの感動する名言がヤバい…

 

ビートたけし 事故 名言

 

ビートたけしさんは、バイク事故は自殺願望があって行ったのではないかと噂されるようになりました。それだけ臆病者であり、周囲を気にして生きてきたからだそうです。

 

ですが、その事故の後は、自分の生きる方向が大きく変わったそうです。そうして数々の名言が登場することになりました。

 

有名なものを抜粋すると「輝いている人は結構つらい」というものがあります。

 

これは、傍から見ている人からすれば輝いている人でも、実際に輝きを放っている人というのはけっこう大変だということです。その輝きを維持しなければなりません。周囲が思っている以上に、輝いている人は大変だということですね。

 

スポンサーリンク

 

坂上忍 → 潔癖症は病気だった?結婚してから毒舌に…

 

また「生きている意味を探せなんていわれたら、誰だって迷う」というものもあります。これは事故後に発見したことが関係しているということです。

 

最近の世の中は「人生とはこういうものだ!」や「生きている意味を探せ」なんていうことがあります。しかし、そんなものは誰にもわかりません。

 

ビートたけし 事故 名言

 

それを子供のうちから言われるのは可哀そうだというのです。こうした名言はビートたけしさんの口から数々言われることになります。

 

映画監督としても高い評価を受けているビートたけしさんですが、映画に関する名言も多く発生しています。名言はその人の深みを出す言葉でもあります。

 

ビートたけしさんは今後も精力的に映画の撮影などを続けるそうです!元気な姿で活躍してもらいたいものですね!